三月三日

昨日はひな祭りでしたね~。

娘が甘酒を飲んでみたいというので、
買ってみましたが、
上澄みだけ飲まれました・・・。

主人がいつもよりちょっと早く帰ってこれて、
まだ百貨店が開いてたらしく、
ひな祭りのお祝いを買ってきてくれました。
17030401
グラマシーニューヨークの、ジェリーチェリープレミアム、
チョコの花束です~。

1個抜いてみました。
17030402

大きい一本と、私が抜いたのと同じサイズのが2本、
値段もボリュームもかなりのもので、
家族4人で食べても、食べきれませんでした・・・。

というか、食べるのがもったいなくて、
息子が乱暴に抜こうとするのを慌てて止めて、
なるべく、そっと抜いて崩れないように気を付けて食べました。

ひな祭りと言えば、何が思い浮かびますか?
甘酒、ひなあられ、桃の花、ひな人形、
まぁいろいろあります。

前に息子が塾の外部テストを受けた時の問題です。

『日にちに合うものを、選択肢から選びなさい』
という問題で、
五月五日、という日付なら、選択肢から、こいのぼりを選択する、
というのがあったんです。
ほかには、七月七日とささかざり、とか。

その中に、三月三日、がありました。
選択肢の中で合うものは、ひしもち、でした。

しかし、私はひしもちをひな祭りの日に出したことが、
一度もなかったんです。
息子は、ひしもちが何かわからず、
三月三日が何の日か、ピンとこず、
選んだ選択肢は、豆まきでした。

それは、二月三日だよ・・・。
(日付の中に二月三日はなく、
選択肢の中の豆まきは、余る予定でした)

実際に、ひしもちを食べたことがなくても、
こういうことって、なんとなく知ってるものだと思ってましたが、
そうではないことを知りました・・・。

私は正直、行事にはあまり興味がないほうなんですが、
子供たちに教えるために、いろいろやってきたほうだと思ってました。
なんかとってもショックでした~。
まさか、ひしもちがテストに出るなんて・・・。

17030404
ってことで、ひしもちを出してみました。

ひしもちを見た息子は、
『あんまりおいしそうじゃない・・・』
だそうです。

チョコの花束を食べながら見たら、
そりゃ~、しょぼく見えてもしょうがない・・・。

とりあえず、今日ばらして焼いて食べてみます。
これで、次回のテストは大丈夫!
って、もう同じ問題は出ないだろうけど・・・。




苦手な仲良し

娘が最近、ちょっと苦手な子がいる、
って話をしました。
これはうちの娘には珍しいこと。

生まれて3か月から人見知り全開だった娘なんですが、
幼稚園デビューで、超社交的になりました。
来るもの拒まず去る者追わず、な感じで、
よく知らないお友達とも誘われたら遊ぶし、
転校することになって、お友達と離れることになっても、
特に何も言うことはありませんでした。

息子は対照的に、引っ越してしばらくは、
『涙が出ちゃう』、が口癖になるんですけど・・・。
(アタックナンバーワンは見たことないはず)

娘は幼稚園時代に、お友達に意地悪なこと言われる、
ってコトがあったんですけど、
それは私にも同じ幼稚園のお友達にも言わず、
別の幼稚園のお友達にこっそり話すという、
なんだか大人な対応をしておりました。

さて、今同じクラスの苦手な子、
なんで苦手なのかと聞いてみましたら、
ちょっと嫌なこと言われたりする、って言うんです。
幼稚園時代と理由が変わってないなぁ~。

どうやら、大勢の男子と遊ぶのはどうなの?
って感じのことを言われたようです。
ん?もしかしてやっかまれてる?

まぁ確かに、男子とも遊ぶけど、
残念ながらモテてるとかじゃなく、単なるゲーム仲間。

どっからどう見ても、
しずかちゃんやフミちゃんのような、
マドンナ要素はなく、周りの男の子たちの態度も、
男子と同じ扱いに見えます。

娘のほうからしても、好きな人は大阪にいて、
それでなくても彼らはナイって失礼なこと言うので、
その子から言われたことにも、最初はどういうこと?
って思ったそうですが、ニュアンスでなんか嫌なことを、
言われているのはわかったそう。
そういうの、わからんほうだったので、成長したなぁ~。

実際ににモテているのなら、やっかみのようなものは、
受けたらいいじゃん、なんて思うとこですが、
モテてないのに、やっかみだけ受けるとは、
本当に損ですね・・・。

しかし、その苦手な子、家に遊びに来たんですよね。
いたって普通に、仲良く遊んでるように見えるんです。

『なんで仲良くないのに、家に遊びに来たの?』
って娘に聞いてみたら、
『苦手だとは言ったけど、普通に仲良しだから』
って言われました。

う~ん、複雑・・・。
小4女子のお友達関係は、ホントよくわからん~。




約束は正確に

土曜日のコト、娘が珍しくお友達と遊ぶことに。
我が家の主人は土日はお仕事なので、
お友達と遊んでもかまわないのですが、
よそのお宅は土日は家族だんらんの日だと思うので、
自分から誘ったりしないでほしい、って言ってあります。

今回は、相手から誘われたというのでOK。
相手は同じクラスの男の子で、おうちに遊びに行くと、
ほかにも何人か男の子が来るらしいけど、
詳しいことはわからない、と言うのです。

そして、『お誕生日会かもしれない』、と。
その男の子は月曜日がお誕生日だそうです。

私が子供のころ、お誕生日会はありました。
お誕生日の子のお宅に土曜日などに呼ばれて、
軽食とケーキをごちそうになります。

呼ばれた側は、誕生日プレゼントを用意し、
帰りには、ちょっとしたお返しをもらって帰るという、
明らかにお誕生日の子のお宅に負担が大きい、
親にとっては大変な会だったりします。

しかし、うちの子供たちが大きくなっても、
お誕生日会に呼ばれたり、
そういう会が開催されてるという話は聞きません。
私が子供のころも、男の子の家で開催されてるとは、
聞いたことがなく、主に女の子のための会、
って感じでした~。

しかし、普段はあまり遊ばない相手から、
土曜日に誘われるって、もしかして・・・。
もしお誕生日会なら、プレゼントを用意しなくては。
ですが、相手の親御さんは知り合いではないし、
確かめようもありません。

娘は楽観的で、別にちゃんと招待されたんじゃないんだから、
なにも用意することはない、って言います。
これが息子のほうで、2年生だとしたら、
なんとかほかの友人などに相手の子の連絡先を聞きますが、
4年生なら自己責任かな、ってことに。

一応念のため、持たせるおやつは百貨店で買ってから、
持って行かせました。
まぁ、普段遊ぶのと違い、休みの日にお伺いする場合は、
お誕生日会じゃなかったとしても、
いつもよりちょっといいおやつを持たせるようにするのですが。

帰ってきた娘が言うには、誰もプレゼントなんて持ってきて無くて、
娘のほかに、4人ほどの男の子が呼ばれてたらしく、
隣のクラスの子もいて、名前もわからない、とか・・・。
一応、誰かがハッピーバースデイを歌いだしたから、
みんなで歌ったそうです。
そして、お土産にもらったと、
『まい泉』のカツサンドを持って帰ってきました。

う~ん、微妙・・・。
もしかして、相手のお宅はお誕生日会のつもりだったのかな?
でも、お誕生日ケーキは出なかったって言うし、
やっぱりただ土曜日に遊んだだけ?

遊びに行って、相手のお宅からお土産、
しかもわざわざ用意されたものを持って帰ってくるなんて、
今までなかったことなので、
(みんなが持ち寄ったおやつが余って、
それを分けて持ち帰ることはたまにあります)
いろいろ想像が広がっております~。

娘に言いたい、
お友達と約束してくるのはいいとして、
もっと他に誰が来るのかなど、
ちゃんと聞いてきて欲しいです~。

期待しちゃったね・・・

息子は数か月前から、よく遊ぶ男の子の友達ができました。
今まで女の子のお友達ばかりだったので、
ちょっと嬉しかったりします。

男の子と遊ぶようになったからか、
今までよく遊んでいた女の子たちと遊ぶことが減りました。

ところが、少し前に女の子のお友達の家に呼ばれて遊びに行きました。
去年は同じクラスで何度か遊んだけど、
今年は違うクラスで、すっかりご無沙汰だったお友達の家です。
ほかにも女子が2人ほど来るところに、
息子が男子1人だけ呼ばれて遊びに行きました。

息子は出かける前に、女子たちはバレンタインの話をしていた、
なんて言うんです。
もしかしてバレンタインのチョコがもらえるのではないかと、
期待していたのかな?
ただ、何もなく普通に楽しく遊んで帰ってきました。

そして昨日、バレンタインの翌日になりますが、
やはり夏前ぐらいまでよく遊んでいた、女の子のお友達が、
久しぶりに我が家に遊びに来ました。
まぁ、普通に仲良く遊んで帰っていきました。

やっぱり息子は期待していたんでしょうか、
彼女が帰ってからつぶやきました。
『なんでチョコがもらえないんだろう?
クラスにはたくさんもらってる子もいるのに』って・・・。

普段、息子は自分がもてると思ってる節があるので、
いろいろ思うことがあるのでしょう。
〇ちゃんも、●ちゃんも、僕のこと好きって言うのに、
チョコはくれない・・・、
って、すねてます。

まぁ、小学生なんてそんなもんだと思うんですけどね~。
しばらくは母からと姉からのチョコで我慢しなさい。

ちなみに娘は今年も本命と家族のみ。
世の高学年女子たちは、友チョコだの義理チョコだので、
大変らしいのですが、
そういうの、うちの娘は参加しないようです~。
女子同士のつるむ感じ、うちの娘にはないんで・・・。

息子の1番のモテ期は、幼稚園時代だったかなぁ。
大きくなって、もう1度モテ期が来ることを願います。



1/2とW

娘は今年度10歳になりまして、
20歳の半分ってことで、
小学校で2分の1成人式がありました~。

いつからこんな習慣ができたのでしょう?
少なくとも、私の子供のころにはありませんでした。

成人式なんて言いますが、そんな大げさなものではなく、
学校で、親を呼んで感謝の気持ちを伝える、
というような会でした。

子供たちから親への手紙、
親から子供たちへの手紙が配られ、
それぞれ各自で読むんですけど、
泣いてる子供たちもけっこういました。

親からの手紙を受け取って、
泣くような年齢になったんだなぁ、って。

そういえば、娘は最近テレビで悲しいシーンとかやってたら、
泣いてる時があるんですよね。
大きくなったなぁ、って思う瞬間だったりします。

ちなみに、そんな会が催されるから、
ビデオにも撮るし、親もいっぱい来るから、
かわいい恰好しとく?って、娘に言ったんです。

『先生はかわいい恰好で来るようにとは言わなかった、
でも体育館だから暖かい恰好で来るようにって言ってた、
かわいいよりも、暖かいほうが大事だ』
だそうです。

大きくはなったけど、女子としてはまだまだですね・・・。

そういえば今年のお正月に、
私の実家に同窓会の案内がきていたそうです。
そこには、『今年は20歳の倍、W成人式ですね』
って書き出しが。
確かに40歳で、今年は2度目の成人式ってことに。

1/2とWでは、えらい違いだな・・・。